辞典|『ふしみいなりガイド』に出てくる言葉の解説

このページでは伏見稲荷大社・稲荷山の観光情報を発信するメディア『ふしみいなりガイド』に出てくる言葉の解説を五十音順にまとめています。

学術的・専門的な解説ではなく、できる限り一般的な言葉に置き換えて説明することを心がけています。

あ行

磐境いわさか

神域のこと。

か行

荷田氏かだうじ

秦氏の出身で、伏見稲荷大社の代表的な社家のひとつ。

眷属けんぞく

眷属けんぞくとは、神様のお使いのこと。稲荷大神の眷属けんぞくはきつねであり、伏見稲荷大社の境内にはたくさんのきつね像がある。

さ行

神蹟しんせき

神様がおしずまりの場所。もともとはお社があったが、応仁の乱で焼失してしまった。

稲荷山の山中には7つの神蹟が点在しており、七神蹟と呼ばれている。

稲荷山の七神蹟

  • 一ノ峰(上之社神蹟)
  • 二ノ峰(中之社神蹟)
  • 三ノ峰(下之社神蹟)
  • 荒神峰こうじんみね(田中社神蹟)
  • 間ノ峰あいのみね(荷田社神蹟)
  • 御膳谷奉拝所ごぜんだにほうはいしょ
  • 釼石社みつるぎしゃ長者社ちょうじゃしゃ神蹟)

摂社せっしゃ

神社の境内にあり、その神社の祭神と縁故の深い神様を祀った小規模な神社。

た行

玉垣たまがき

神社や神域のまわりに設置する垣。

な行

流造ながれづくり

日本の神社建築様式のひとつ。横から見ると正面側の屋根が長く、曲線形になっているのが特徴。

は行

はしら

神様を数える時に用いる助数詞。

秦氏はたうじ

有力な渡来系氏族。秦の始皇帝の末裔とも言われるが定かではない。伏見稲荷大社の創建にかかわったとされる。

ま行

末社まっしゃ

神社の境内にある小規模な神社。その神社の祭神と縁故の深い神様を祀っているのが摂社せっしゃで、それ以外が末社とされる。

や行

ら行

竜頭太りゅうとうた龍頭太りゅうとうた

稲荷山の麓に住んでおり龍のような顔をしている。空海(弘法大師)が修行中に出会った。

わ行